アカツキ商事メタバース
( PC・スマホ・VRギア
どれでもアクセス可能 )

ブログ

2023.6.01

  • スタッフブログ

世界のINZAI・・・?

皆さん、こんにちは!

今日は千葉県印西市にある物流拠点「印西ロジスティクスセンター」を訪れました。少しだけ様子をお伝えします。

印西市は、グーグル(Google)、アマゾン(Amazon)などの世界的なテック企業や国内大手企業のデータセンター(サーバーやネットワーク機器を収めた施設)が続々と建設、稼働しております。※米グーグルは今年4/13に日本国内初のデータセンターを、この印西の地で稼働しました。

数年前から「データセンター銀座」、「世界のINZAI(印西)」なんて言われるようになりました。また、先進的な物流ハブとしても昔から有名です。

当社の重要サーバ群は、災害リスクが低い大阪千里のとあるセキュアな秘密のデータセンターに集結しておりますが、この地、とても気になります。

駅の屋根の形・・上から見るとハブ・・・?やはり色々と気になりますね~。

ここまで世界のテック企業がこぞって集まる理由って一体何なんでしょうか・・・?気になったので調べてみました。

①優れた立地条件(東京都心や成田国際空港へのアクセス。)

②物流インフラの整備(長年にわたり物流業界が発展してきたノウハウや技術が集積。)

③充実した政府支援(環境整備、税制・補助金制度の充実など)

④人財の供給と教育環境(大学や専門学校が多く、優秀な人財を確保しやすい。)

⑤災害のリスクが低い(下総台地の頑丈な地盤のため、地震、水害等に強い。)

⑥海底ケーブルの陸揚げ局が近い(北米のデータセンター間で短い遅延。)

・・・などなど。

様々な要素が組み合わさった印西市は、今やグーグルやアマゾンなどの世界的なテック企業から「日本一魅力的な場所」として映っている、と・・納得です!

※不思議な地「INZAI」・・・飲食店がほぼ皆無です。昼食は事前に準備して施設に持ち込むしかないので、朝から駅のコンビニが沢山の人で溢れかえってます。

ほとんどのデータセンターは、セキュリティ上の理由で住所は秘密です。当然、地図にも記載なし。建物にもデータセンターの表示がありません。しかし、一目で分かる堅牢な佇まいに加えて厳重な警備体制・・・これはワクワクせざるを得ませんね!

そんな謎の建物ばかりが増えて、近くの住民の方々は少し不気味に感じているかも・・・?※写せないのが残念。

駅から少し歩いてみると想像していたより自然豊かで、美しい公園や庭園がたくさんありました。自然と都市の融合が魅力の街といった印象です!

当社がお世話になっている物流会社様です。倉庫の一角には当社の「印西LC」があります。※倉庫のすぐ隣は、タイガー・ウッズも訪れた有名なゴルフ場です。

倉庫内もあまり写せないのですが、目の前に広がる倉庫は、高い棚が整然と並び、綺麗に整理整頓されてます。

高いスキルを持った従業員の方々が、フォークリフトを巧みに操作して効率的に動き回っていました。スムーズな物流プロセスを目の当たりにし、迅速かつ安全に作業を進める様子に圧倒されます。

さて、ミッションである新旧基幹システムの入替作業&動作検証もサクっと滞りなく、終わりました。

周辺施設を見学し、印西市の不思議な魅力の秘密を探りつつ、帰路につきます。今日は出会えませんでしたが、稀に近所で可愛らしいイノシシが出没するとかしないとか。

いやはや、「世界のINZAI」の探求にはしばらく時間がかかりそうです。

それでは、また次回のブログでお会いしましょう!